レンジ 相場の仕組み 相場解説 考え方

レンジの中で切り上がり(切り下がり)が出ても逆にいく可能性があります!ブレイク見込み難民はこれを考えろ!

更新日:

遊人です!
今日はブレイク見込み難民について書きます。

「レンジだけどブレイクするだろう!」
って入るのがブレイク見込みエントリーです。

これは環境がわかっているのと
内部の形がわかっている人ができる芸当です。


内部の状況はここに書いてますので
よかったら参考ください!

なんで切り上がるか、切り下がるかってわかりますか?

 

 

 

上がらない理由と内部の相関性

ここの玉溜まり(レンジ帯)をみてください!

 

 

 

 

2019年10月1日 GBP/JPY

 


ここにレンジ帯ができていて
内部で切り上がりが発生しています。

 

 

2019年10月1日 GBP/JPY

 

 

 

 

 

セオリーだと切り上がりが発生すると
上に抜けていきます。

しかし今回は逆行してしまいました。

 

 

 

2019年10月1日 GBP/JPY

 

 

 


これはなんでかというと
背景に上に上がるサインがない為です。


上に上がるには
下を水平線で支えられているのがベストです。


イメージはこんな感じ^^

 

 

 

 

 

 


今回はそれがない為下にいく可能性を秘めていました。


実はここはロングではなく
ショートを押せる場面です。


それは失望売りが発生する場面だからですね!

 

上に行かなかったら下にいく!
ということをよく生徒さんにもいっているのですが
まさしくこれがそのケースです。


 

失望売りについてはこちらを参考ください!

 

失望売りを見分けるコツを教えます!チャートパターンを覚えても意味がない理由とは?

 

 

本を読んでも勝てない理由は内部だけで判断し
全体の環境分析ができてないからです。

ここを徹底しましょう!

 

 

ちなみに玉溜まりについてはこちらの記事でも書いていますので
参考ください!

 

 

【勝ちトレーダーの考え方】4時間足以上の玉溜まりは美味しい場所!4時間足のレンジ(パワー)を活かそう!

 

 

 

まとめ


玉溜まりだけでは判断しない

上位足の位置を考える

水平線が土台であるか考える

戻り値を考えて引きつけてからエントリー

 

 


今回は4時間足でのレンジ帯の攻略でしたが
ここはとあることをマスターすれば簡単にショート目線に切り替えることができます。


それはなんでしょうか??

よかったら考えてみてください!

ではまた次回♪

-レンジ, 相場の仕組み, 相場解説, 考え方

Copyright© FX island , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.