レンジ

トレンドなのにみんなが負ける伸びづらい相場をシェア

にゃんこ先生です!

今日はトレンドなのに、負けてしまう相場を紹介します。

ちなみに今回の場所は生徒さんも負けた方が多い場所だと思います。

トレンドだと思って
「いけいけー!」
っという具合でエントリーすると負ける時があります。

トレンドフォローする上では
トレンドがどこで終わるのかを察知しておく必要があります。

それがわかると買いツッコミや売りツッコミをしなくて済みます^^

 

 

ツッコミ系に関してはこちらの記事も参考ください!

買いツッコミや売りツッコミをしないコツはレンジの場所にヒントあり? にゃんこ先生です! 玉だまりというのを意識していますか?? これを意識すると 俗に言う 買いツッコミ ...

 

波の性質から紐解いていきましょう!

 

 

 

レンジ幅を見極める

今回のピックアップしたポイントはこちらになります。

 

2020年7月9日 GBP/JPY

 

 

 

 

通貨はGBP/JPYです。

日足からみていきましょう!

 

日足はこのようにレンジを作っています。

 

 

2020年7月9日 GBP/JPY 日足

 

 

内部を見てみると、日足のローソク足が陽線2本立っています。
ということは、波が下から始まっているため、ブレイクするための玉(パワー)が溜まっていません。

上限を超えていかない波の性質です。

 


赤の縦線の印のせいで見ずらいですが、ここは次の日も前半は上に上がってきましたが、結果ヒゲになりました。

 

先ほども書きましたが、トレードのセオリーは上限までなので、それ以上はオーバシュートの可能性があります。

オーバシュートの意味はコチラから

 

 

ヒゲになる相場についてはこちらでも解説しています!

日足のローソク足の終値の形を想像してブレイク失敗の失望売りを狙おう 遊人です! 先日、僕の得意パターンが出たのでシェアします。 これはおそらく生徒さんとかには教えてない場所ですので 参考程度...

この時の下位足もみていきましょう!

 

 

 

上位足の波の性質を理解する

4時間足をみるとトレンドのように上がっていて、まだ伸びそうな気もします。

 

2020年7月9日 GBP/JPY

 

 

4時間足までを環境分析しているトレーダーは
「4時間上がってるじゃん!」

っていう分析しかできず、そのまま買いポジションを持っていたかもしれません。

日足の波の性質はレンジの上限で止められ、ヒゲになる可能性を秘めている波のため強気でロングするのは危険です。

 

4時間足がトレンドにみえても、その上位である、日足の分析を怠ってしまうと負けが続く可能性があります。

 

 

波を切り取るには波の性質を理解しつつ
エントリーのタイミングを計る必要があります。

トレンドもおおよそ終わる場所が分かっている方がスマートにトレードできます!

 

 

まとめ

下位足でトレンドでもどこで波が終わるか考える

最低一つ上の足で波がどこで終わるか考える

オーバーシュートの場所は早逃げを考えておく

 

日足のローソク足がこうなるだろうなってわかると下位足の波もイメージしやすいです。

それを想像するには波の性質をわかっておく必要があります。

日足のレンジの幅を見極めたらどこにレートがあるのか?
これがわかってるだけでも、だいぶ意味合いが変わってきます。

 

 

 

日足のみで分析したものになりますが、日足のトレードポイントはこちらの動画でも解説しています。

 

 

難しく考えず、上位足から考えていけばOKですね^^

 

ではまた次回♪

関連記事