シナリオ

ブレイクアウトをレンジ内部からブレイク見込みで狙うコツ

にゃんこ先生です!

今日はブレイクアウトの手法の内部からエントリーするコツをシェアします。

 

ブレイクアウトは基本的にレンジの外からエントリーしていく手法ですが、その手前のレンジ内部からエントリーできたらpipsをさらに稼げます。

 

そんなお得な場所です^^

 

 

 

 

レンジの中の動きを観察する

 

通貨ペアはGOLDです

前回の記事でも書きましたが、日足がカップアンドハンドルのイメージで上昇していく場所です。

 

 

2021年5月6日 GOLD

 

 

 

前回の記事はこちらから参考ください!

デイトレードでレンジ内を器用にトレードする方へ にゃんこ先生です! 今日は少し幅は少ないですが、自分の得意なパターンをシェアします! デイトレードでは4時間足1本が...

 

その道中で、4時間足がレンジを作っていたのですが、その中の動きに注目します。

 

 

 

 

4時間足がレンジの中でこのようにダウ波が出ています。

 

 

 

2021年5月6日 GOLD

 

 

 

4時間足がレンジなので、一度上限まで、試した後に一度戻りが入ります。

 

入った時にダウ波が出ていたら、そのままレンジブレイクのサインになります。

 

 

ダウ波が綺麗に出ていると大衆心理が一致しはじめているので、そのまま抜けることを考えます^^

 

 

つまりここがエントリーポイントになりますね!

 

 

 

2021年5月6日 GOLD

 

 

 

この時にもう一つ注意点があり、それを今回は深掘りします。

 

 

 

 

週足以上の環境をみる

 

日足がトレンド出そうなところ、または日足がトレンドがすでに出ているところは週足の環境が左右します。

 

 

週足を見てみると、このようにダウ波を作りつつ、チャネルの上限を抜けそうな場面です。

 

 

2021年5月 GOLD

 

 

チャネルの内部でも、レンジの内部でもダウ波が出ているとブレイクする前に察知することができます。

 

 

 

 

整理すると

 

 

日足ブレイクしそうな波がある

週足をみるとしっかりダウ波が出ている

ブレイクする可能性を考えて、レンジ内でダウ波を探す

 

このようなイメージですね^^

 

初めから、週足を見ていてもokです!

 

日足以下が楽に分析できるようになると週足以上の分析もできたら、かなり精度が上がります。

 

 

ちなみに僕は

 

15分足〜月足

 

まで、分析しつつ、トレードポイントを探っています。

 

週足と月足はあくまでイメージで

日足以下で具体的にトレードポイントを探っています。

 

 

最初はここまでの分析は難しいし、頭が整理しづらいので、日足以下からやっていくのがおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

レンジの中の動きを確認

日足がレンジがブレイクする方向性は週足以上をみよう!

ブレイクを察知するのが難しかったらブレイクしてから狙う

 

今回のところはあくまでブレイクする手前で、レンジの内部からエントリーを考えます。

 

なので、分析が間違っているとレンジ内部に戻されてしまいます。

 

ワンランクレベルが上がったようなトレードポイントになります。

 

こういうところのpipsとトレンドで楽に伸びるようなところのpipsは価値が同じなので

 

難しいと思ったら別にする必要がありません。

 

トレーダーとして長く生きていくには自分の得意なポイントを見つけて磨き続けるのが良いと思っています。

 

 

エントリーポイントは半永久的に出てくるので、焦らず待って入ればいいだけです^^

 

 

 

 

 

 

しっかり分析し、待ってから良い波に乗っていきましょう!

 

ではまた次回♪

関連記事