ダウ理論

日足のトレンドに合流する場所を見極めてデイトレード最大幅を取る

にゃんこ先生です!

今日はデイトレードでのエントリータイミングを紹介します。

これがわかると今からまさに伸びていく波がわかるため、かなり現場で使うことができます。

高ロットを張ってて揉まれるのは嫌ですしね^^

ではさっそく内容に入りましょう!

 

 

1時間足のレンジの上段から入る

 

 

2020年9月1日 GBP/JPY

 

 

 

 

チャートをみてもらうと、日足もトレンドで、4時間も深い押しになりつつ上がっています。

この時に内部の1時間足はレンジを作っています。

 

つまり

 

日足トレンド
4時間足 深い戻し
1時間足 レンジ

 

という状況です。

タイムフレームは上からみるべきなので、そろってないのは1時間になります。

ちなみにタイムフレームの話はこちらの記事も参考ください!

 

 

【必読】環境分析を大きな時間足(長期足)からやった方がいい理由とは?遊人です!今日は環境認識の話です。今回の内容は絶対にマスターして欲しいところですので何度も読み直してみてください。環境認識は基本的に大き...

 

 

1時間足に注目していきましょう!

 

2020年9月1日 GBP/JPY

 

 

1時間足を見るとボックスレンジができていて
上段下段がわかれるワイドレンジになっています。

上位足がトレンド中なら
下位足のワイドレンジ上段から(下降トレンドなら下段から)
入っていくと基本的にはスムーズな波がでます。

 

この時に週足とか考慮せず、日足以下の形がチャネルになっていないか意識しましょう!

 

 

チャネルの見極め方法はこちらの動画でも解説しています。

 

今回は日足、4時間足ともにトレンドなので、1時間レベルで上段に入ったところを狙っていくイメージですね!

結果はスムーズに波が伸びていきました^^

ちなみにここは左をだいぶ遡らないと利確ポイントがわからないポイントなので左側を遡りましょう!

 

 

デイトレードでの考え

師匠のブログでも書いていましたが、デイトレードでは4時間足1本を取るようなイメージです。

切り替わり時間によっては15分とかで決着がつきます。

ということは最低でも4時間足が陰線か陽線かわかるようなところがデイトレードの最小幅だと考えています。

日足で方向感が決まっていて、4時間がそれに沿っていくところがわかればいいということですね。

 

師匠のブログはこちらから

 

 

まとめ

どのタイムフレームが揃っていないか考える

トレンド環境だとレンジ内部から入ってよし

その時にトレンドに見えてもチャネルじゃないか考える

 

波がスムーズにいきそうな波でも、チャネルになってしまうと捕まってしまい、揺さぶられるため、かなりコストパフォーマンスが悪いです。

なので、そこだけは気をつけていきましょう!

どうせ取るならコストパフォーマンスが良い波を捕まえたいですからね^^

では、また次回♪

関連記事