チャートパターン

現場レベルで見極めるトレンド追従していい形をシェアします

にゃんこ先生です!

今日はトレンドが出て、追従していい形をシェアします。

 

トレンドフォローは高期待値なのは、トレード業界では有名な話です。

 

今回どういうトレンドだとそれをフォロー(エントリーしていいのか)をシェアしたいと思います。

 

 

 

上位足で止まる位置をチェックする

 

まずはチャートを見てみましょう!

GOLDです。

 

2021年2月4日 GOLD

 

 

いつも通り、上位足の環境に左右されます。

 

日足を見てもらうとレンジになっており、日足のレンジ下限を目指したトレードになります。

 

 

で、そこで4時間足見てみるとトレンドになっているので、それに乗るだけですね^^

 

 

2021年2月4日 GOLD

 

 

 

日足がレンジとわかっていると下限までという利確ポイントが明確なので、とてもわかりやすいです。

 

 

4時間で下降トレンドが出てたら、そのまま一直線に下落ですね^^









 

 

追従していいトレンド

 

トレンドには強さがあると思っています。

 

よくトレンドの強弱を説明していますが、今回の4時間足は比較的強いトレンドです。

 

さっきの画像でもありましたが、上から引けるトレンドラインを割っていないので目線は下を固定です。

 

 

 

トレンドラインが割れていなくて、陰線(陽線)しかないトレンドのことを僕は強トレンドと呼んでいます。

 

完全な造語ですが、イメージしやすいので^^

 

 

 

こういうトレンドが出た場合は日足のレンジ下限までいくという根拠もあるので、環境にかけて引きつけたらエントリーするのも一つの手です。

 

 

 

4時間以上の強トレンドは乗っていきましょう!

 

 

こちらでも強トレンドについて載っていますので参考ください!

 

 

水平線を一旦はみ出す時のローソク足(勢いがあるプライスアクション)を見るコツ遊人です!
今日は生徒さんと話していて気づいたことを話します。水平線を一旦抜けそうな流れなのかを見極めるコツです。これがわかると勢いがあ...

 

 

まとめ

トレンドラインが割れていないのはトレンド継続

強トレンドは環境にかけろ!

上位足がどういう環境が見極めて利確ポイントを考える

 

 

4時間足の流れを邪魔してくるのは日足以上の環境が基本なので、日足以上がレンジかトレンドなのか極めて必要があります。

 

ちなみに日足も強トレンドだった場合は2〜3日はボーナスなので、その通貨だけ追えば利益に変えることができます。

 

 

しかも大きく伸びたということは、折り返しも美味しいので、調整波を狙える人はとても美味しいですね^^

 

 

爆上がりして

「逃したー!」

ってなっても折り返しを待てば良いので、どちらも取っちゃいましょう!

 

 

 

その時の転換する時はこういう形になっていますので、こちらの記事も参考ください!






 

 

ラウンディングソーサーで相場の終わりを判断しよう!ラウンディングターンを見極めて流れに乗る!遊人です!度々このブログでも紹介しているラウンディンソーサーを実際のチャートを絡めながら紹介していきます。そもそも2種類に分かれており上...

 

 

 

ではまた次回♪

関連記事