ダウ理論

レンジを超えていく波、超えていかない波を見極めるコツを教えます

にゃんこ先生です!

先日はV字の波を書いたのですが、V字完成後そのまま抜けていく波があります。

もちろん上位足背景がありきですが、自分なりのコツをシェアしていこうと思います。

これはレンジのどの波、というより流れを読む上で必須ですので使い勝手抜群です。

 

 

波がどうなったら終わりか考える

ダウ理論のルールに

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

というのがあります。

 

このページも参考ください!

 

【必読】ダウ理論を使って相場の目線を固定する!遊人です!今日はダウ理論の話です!※最後まで読むことをオススメします。実はトレードする上で必須項目になりますが、実は使いこなせてない...

 

 

つまり転換シグナルが出なかったら目線は基本的には固定ということです。

先日こういった波がでました!

 

2020年10月9日 GOLD

 

 

 

まさにV字完成ですね!

ツイートにもこう書きました。

 

 

 

その時の画像

 

 

 

 

しかし結果はスルスルと上に抜けて行ってしまいました。

 

基本的にV完成は目線の切り替え始めておっけーで、下位足がどうなってるかで次の動きが変わります

 

そうすると下位足はトレンドラインを割らずにずっと登っています。

 

2020年10月9日 GOLD 1時間足

 

転換シグナルが出ずに上に上がっているうちはそのまま上がり続けるということですね^^

自分の目線の固定の仕方は基本的にこれだけです。

ちなみに上位足がレンジに入りたての時はまた型があって、それは別ですが^^

 

 

転換シグナルが出ない限り基本的には目線は固定します。
一つ下の時間足が上に行き続ける限り、上位足は陽線を形成するようなイメージを思ってください!

これでブレイクする場所がおおよそわかります!

※何度もいいますが、さらに一つ上の上位足の環境によりけりで状況は変わります。

 

 

 

調整波も同じになる

ちなみにダウ理論を使ってうまく取るところが調整波になります

調整波は

上昇中の一旦の下げ
下降中の一旦の上げ

トレンドから一旦、流れに逆らうようなところですが、それも同じようなところです!

この記事にも同じようなことを書いているのでぜひ参考ください!

 

調整波も推進波と同じ!?常にトレンドフォローを意識しよう!遊人です!今日の記事は調整波についてです。調整波の取り方を教えて欲しいという質問を受けていたのでそれについて書いていこう思います。調整波...

 

これがわかるようになれば上も下も両方取れてお得なのと、流れが読みやすいのでいいと思います。

まとめ

トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

調整波は短期足の転換が出ている

V字完成した後は下位足をみて、転換待ち

ダウが崩れないとそのまま抜ける可能性を考慮

背景とエントリータイミングはどの場所もセット

 

ちなみにtweetでも書いたのですが

V字はかなり見やすい波です

V字完成

サインみる

下位足でタイミング計る

次の抵抗もしくは半値まで

これがワンセットでよく使っています。

なんで半値までかいうと、ほとんどの場合は抵抗があるのですが、とあるチャートパターンができる可能性があるからです。

カップアンドハンドルですね!

 

 

 

こちらの記事にも書いていますので、ご参考ください^^

最後におもしろい動画があります!

 

カップアンドハンドルとテンプレパターンの融合!デイトレレベルトレードポイントを探せ!遊人です。先日カップアンドハンドルの話をしました。http://fx-island.net/2019/07/29/nagarenisot...

 

これができて再度上昇されると利益は減ってしまうので、適切な場所で利確しましょう!

ではまた次回♪

関連記事